TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY
首都大学東京大学院 人文科学研究科 Graduate School of Humanities
TOP 系長挨拶 組織 概要 系マップ 教員一覧 入学試験
TOP > 専攻分野 > 国際文化コース
専攻分野
●社会学コース
社会学分野
社会人類学分野
社会福祉学分野
●心理学・教育学コース
心理学分野
教育学分野
言語科学分野
日本語教育学分野
●国際文化コース
哲学分野
歴史・考古学分野
表象文化論分野
日本・中国文化論分野
 日本文化論
 中国文化論
欧米文化論分野
 英語圏文化論
 ドイツ語圏文化論
 フランス語圏文化論
 

国際文化コース
国際文化コース イメージ 国際文化コース イメージ 国際文化コース イメージ
 自らの文化と異文化を学ぶことは、多様化する国際社会の中で生きる上で、互いの理解を深める重要な役割を果たすこととなります。
 本コースでは、人文学の基礎となる哲学、歴史、文学、文化、言語、芸術の視点から、5つの分野、10の領域を設け、国際的な知識を深めるとともに、それぞれの専門分野での学問的探究を行います。さらに歴史と思想、宗教と社会、言語と文化、時間と空間など、各分野との横断的な学びも積極的に取り入れ、これまでにない複合的な視点で、各分野への理解をさらに深めます。
 他大学にはない「表象言語論分野」をはじめ、教員の専門は幅広く、学生の興味や目的に応じた、充実した講義が行われています。


○カリキュラムの特色
 1年次は全員が基礎教養科目を学び、2年次より各分野に分かれます。それぞれの専門分野を学ぶだけでなく、横断的な受講も積極的にすすめ、たとえばフランス文化を学びたい学生は、歴史・考古学分野で西洋史をとり、欧米文化論分野でフランス語圏の文学論を学ぶ、などの選択もできます。考古学では発掘調査など、実習の授業も取り入れています。4年次の卒業論文・卒業制作は全分野とも必修です。

○求められる学生像
 国際的な舞台でも活躍できるような、自分の意見をしっかりといえ、また異なる意見にもしっかりと耳を傾けることができる人。コミュニケーション能力がある人。世界の様々な文化に触れてみたい人。また、今は自分の進路を決めかねている人も、多様な選択肢から自分の学びたいものが見つかるはずです。

○取得できる資格・免許
■学士(文学):哲学分野、日本・中国文化論分野、欧米文化論分野、表象言語論分野の卒業を要件として取得できます。
■学士(史学):歴史・考古学分野の卒業を要件として取得できます。
-------------------------------------------------
教員免許:
哲学分野(高校一種/公民、中学一種/社会)
歴史・考古学分野(高校一種/地歴、中学一種/社会)
日本・中国文化論分野(高校一種/国語・中国語、中学一種/国語・中国語)
欧米文化論分野(高校一種/英語・ドイツ語・フランス語、中学一種/英語・ドイツ語・フランス語)

○卒業後の進路
一般企業、官公庁(国・都道府県・市町村)、美術館・博物館などの文化施設、出版・ジャーナリズム、マスコミ関係、国際機関、大学院進学。

↑ページトップへ


哲学分野
 西洋哲学全般、すなわち、(1) 古代ギリシアから、中世、近世、近代の英・仏・独の哲学、そして現代哲学の諸潮流 (現象学、実存主義から大陸哲学に至る流れ、英米に発しつつ国際化している分析哲学など) まで、(2) また分野で言えば、形而上学・認識論・倫理学・宗教哲学・聖書研究から、言語哲学・論理学といった多様な領域にわたり、各自の興味のまままったく自由に、しかし深く学びます。古代ギリシア・ラテンの語学・文学を習得し、西洋文学・西洋文明全般の源泉を研究する西洋古典学も本格的に学ぶことができます。原典を綿密に読みこなし、著者の真意を掘り下げて理解して明快な日本語の論証に再構成する能力は、現代社会に真に必要とされるスキルと言えるでしょう。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
->哲学分野のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/philosophy/index2.html


石川 求 教授
ドイツ近現代哲学
大芝 芳弘 教授
西洋古典学、特にラテン語学・文学
岡本 賢吾 教授
論理学・数学の哲学
木田 直人 准教授
近代英仏哲学(マルブランシュを中心に)
小池 登 准教授
西洋古典学、特にギリシャ語学・文学
千代島 雅 准教授
哲学、相対性理論、エントロピー理論
松阪 陽一 准教授
言語哲学
井原 健一郎 助教
西洋近世哲学
↑ページトップへ


歴史・考古学分野
 歴史・考古学分野では、東京都立大学以来の自由で自主的な伝統のもとに、日本史・アジア史・西洋史・考古学の各領域で研究と教育が進められています。そこては時代・地域ごとにさまざまな問題の追究を通じて、人類史・世界史の立場から歴史を総合的に把握することが目標とされています。学生諸君は、個別の講義・演習・実習を履修するとともに、新 2年次カイダンスに始まって 3・4年次には卒業論文執筆のために開かれる各種のガイダンスに出席することによって、歴史学と考古学の本質をめぐる深い理解に到達することがてきます。
 授業の合間には、合宿なども行われています。卒業生は、教職や一般企業に就職するほかに、大学院進学者も多数います。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->歴史・考古学研究室のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/rekishikouko/


河原 温 教授
ヨーロッパ中世史、都市社会史
國 雄行 教授
日本近代史
谷口 央 教授
日本近世史、日本近世初期政治経済史
中嶋 毅 教授
ロシア近現代史、在外ロシア史
源川 真希 教授
日本近現代史
山田 昌久 教授
考古学、技術史と地球環境史、植物利用史、生活水利研究
赤羽目 匡由 准教授
朝鮮古代史、東洋史
出穂 雅実 准教授
考古学(旧石器)
鎌倉 佐保 准教授
日本中世史
前田 弘毅 准教授
中東・イスラーム史、ユーラシア研究
福士 由紀 准教授
中国近現代史
高橋 亮介 准教授
古代ギリシア・ローマ史
岩瀬 彬 助教
考古学
稲垣 春樹 助教
イギリス近代史
↑ページトップへ


日本・中国文化論分野
日本文化論
 日本語学、古事記や万葉集、平安和歌や物語、江戸時代の文学、近代文学や現代文学を研究する専門スタッフが在籍し、現代日本語の統語論・意味論、古代の文字表現論、歌の系譜論、近世の文芸思潮論や表現論、近代の小説と批評、表象文化などに関心を寄せています。学生は少人数のゼミ形式の授業でスタッフと議論しながら、日本語分析の方法、文献資料の扱い方、文学作品の読解や批評の方法などを学び、日本語学一般、古典から現代文学まで自由に自分の研究テーマを深めていくことができます。ことばに関心のある人、本を読むのが好きな人を歓迎します。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->日本文学のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/abbas/index.html

中国文化論
 実利ばかりを求める価値観が、世界中のあちこちで衝突を生み出しています。このような時代にこそ 「虚学」 である 「文学」 (実際には文化研究を指しているとお考えください) の価値が浮き彫りになるでしょう。数年来、日中関係は緊張度を増したかに見え、その間、お互いの文化に対する認識不足もあらわになってきました。今こそ両者が見つめ合い理解を深めるべき時ではないでしょうか。
 当教室は悠久の歴史をもつ中国を含むアジアの文化に、言語、文学、思想、芸術などの側面からさまざまな方法でアプローチしています。地道な努力の先に得られる喜びに、あなたの青春を捧げる価値はあるでしょう。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->中国文学のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/chubun/newtop.html

〔日本文化論〕
飯田 勇 教授
日本古代の文学・文化・思想の研究。歌・神話・物語・説話などの研究
猪股 ときわ 教授
日本古代文学
大杉 重男 教授
日本近代文学
大島 資生 教授
日本語学
近藤 瑞木 准教授
日本近世文学
清水 潤 助教
日本近代文学
〔中国文化論〕
木之内 誠 教授
中国古典文学、文学的場所の文化史
佐々木 睦 教授
中国古典文学、幻想文学、図像学、日中漫画交流史
平井 博 教授
中国近代文学
大久保 明男 教授
中国近現代文学、特に「満洲国」時期の文学史、文化史
荒木 典子 准教授
中国語史 (明代漢語)
代 珂  助教

植民地メディア文化論、中国近現代メディア文化研究

↑ページトップへ


欧米文化論分野
英語圏文化論
 イギリスとアメリカの言語文化を教育研究の中心としながらも、アフリカ・インドなどの英語圏の文化と文学も射程に収めています。これらの地域の歴史と言語文化に関する幅広い知識の教授を講義科目で行うとともに、演習科目では学生一人ひとりがそこから、現代を創造的に生きるための問題を発見し、解決する能力を涵養することを目指しています。さらに、そのような能力の基礎となる言語運用能力、つまり文献読解力、コミュニケーション能力、自己表現力を高めるための科目が多く用意されています。言語と文化を異化し相対化できる批判楕神により、学生各自が現代を生きるための創造的ウィジョンを構築することを教育目標としています。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->英語圏文化論のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/english/

ドイツ語圏文化論
 ほとんどの学生が一年生のときにゼロから学び始めたドイツ語の知識を基礎として、その言語的な興味をドイツ語圏の文学、語学、思想他、文化全般にわたって展開する場です。ドイツ語で書かれたもの、話されるものすべてを扱うことができます。自由に雑多に学びたい意欲的な学生を歓迎します。ウィーン大学との交換留学制度があり、ネイティヴスピーカーによる会話や講義の授業も充実していて、ドイツ語の実際的な運用能力を高めることにも力を注いでいます。授業の大半は少人数のゼミ形式。学生の自主性を重んじ、きめ細かな教育・指導を行っています。
詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->ドイツ語圏文化論のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/dokubun1/

フランス語圏文化論

 フランスは、西欧文明の成熟のひとつの極であるとともに、常に新しい文化的試行の場でもあります。フランス語圏文化論教室は、長い歴史と厚みをもつこの重層的な文化を広い視野のもとに捉え、言語、文学、思想、芸術などさまざまな分野を研究対象にしています。大学院、学部ともに、自由闊達な雰囲気の中、多様なテーマを掲げて講義や演習を行っています。堅実なテクスト研究の精神を受け継ぎ、それを実践していること、深く独創的な問題意識と論証手続きの厳密さを重視していることが当教室の特徴です。アメリカ一辺倒の情報分布に満足できない意欲的な諸君を歓迎します。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->フランス語圏文化論のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/fr/

〔英語圏文化論〕
伊藤 誓 教授
18世紀を中心とするイギリス小説の研究、現代の批評と思想の紹介
中村 英男 教授
19世紀イギリス小説
福島 富士男 教授
アメリカ現代詩、アメリカ文化、アメリカのフェミニズム
越 朋彦 准教授
17世紀英文学
辻 秀雄 准教授
アメリカ文学 (現代散文)、モダニズム
安井 マイケル 准教授
日米比較文学、14世紀イギリス文学、20世紀アメリカ文学
吉田 朋正 准教授
批評史、アメリカ文学・思潮
ロバート・ブロック 准教授
英語教育
平尾 吉直 助教
アフリカ系アメリカ人、アフリカの文学・文化
吉田 要 助教
アメリカ文学、アメリカ詩
〔ドイツ語圏文化論〕
ヴァルター・ループレヒター 教授
ドイツ・オーストリア文学、文化史、文化論
園田 みどり 教授
近現代ドイツ文学
古屋 裕一 准教授
ドイツ思想研究
山本 潤 准教授
中世ドイツ語学文学、特にニーベルンゲン伝説
犬飼 彩乃 助教
20世紀ドイツ文学、翻訳論
〔フランス語圏文化論〕
大久保 康明 教授
16世紀フランス文学、特にモンテーニュ
藤原 真実 教授
18世紀フランス文学
西山 雄二 准教授
現代フランス文学・思想
ジョスラングロワザール 准教授
西洋古典学・古代哲学史
クリス・ベルアド 助教
比較文化論、日欧交流史、フランス語圏文学
↑ページトップへ


表象文化論
 芸術や文化の多様なテ-マに幅広い観点から柔軟に対応できる研究・教育の場を目指しています。イメージ論、視覚文化論、パフォーミング・アーツ研究、音楽文化論、伝統芸能研究、言語芸術論などに取り組む芸術表象研究と、文化的事象を制度・権力・身体・メディアといった視座から検討する文化表象研究がふたつの主要な研究領域です。表象文化論では20世紀半ば以後著しい発展を遂げた、文化・芸術に関わる理論的探求の成果、すなわち現代思想、記号論、精神分析、ジェンダー論、カルチュラル・スタディーズ、批評理論、メディア論、図像学、映画理論などのもたらした方法論的成果を重視しています。こうした理論や方法論をふまえた上で、美術、映画、音楽、演劇、文学から、舞踊、広告、デザイン、ファッション、マンガ、テレビドラマまでのあらゆるジャンルの作品、作家、運動などを研究対象として扱っていきます。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 ->表象文化論のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/hyosho/

 
〔表象文化論〕
赤塚 若樹 教授
映像文化論、視覚文化論、比較文学
岡崎 一 教授
英米ユートピア文学・思想、英学史、比較文学
亀澤 美由紀 教授
ジェンダー論、英語圏文学・文化
高岸 冬詩 教授
20世紀イギリス・アイルランド詩
三宅 昭良 教授
演劇・身体論、モダニズム文学
古永 真一 准教授
現代思想、精神分析、イメージ/テクスト研究
中嶋 泉 准教授
 
福田 貴成 准教授
聴覚文化論・音楽文化論
高本 教之 助教
近代ドイツ文学、日本古典芸能、演劇文化
↑ページトップへ
Copyright (C) 2015 TOKYO METROPOLITAN UNIVERSITY All Rights Reserved.